タバタ式トレーニングの方法

【20秒の強度の高い運動】+【10秒の休憩】を8回繰り返すトレーニング方法(所要時間4分間)。強度はほぼ自分の限界に挑戦することが必要である。しかし、それに対して休憩が10秒しかないことは、急上昇する心拍を落ち着かせる暇もなく、極めて心肺に負荷を与えるトレーニングとなる。種目としては、ローラー台、バーピーなど、限界の強度に挑戦できる限りどんな種目でよい。

コメントを残す




CAPTCHA