バーピーは多くの筋肉と運動神経を鍛える運動です

バーピー運動を【かえる跳び】と【垂直跳び】に分割した時、【垂直跳び】の部分は、しゃがんだ状態から身体を浮かすというだけでも、自重スクワットよりはるかに強度が高い運動であることが分かる。大殿筋、大腿四頭筋、脹脛に対して強い負荷がかかる。

一方、【かえる跳び】の部分は、腹筋を酷使する運動であり、これだけでもたちまち心拍数が上昇する。しかも、これを速く繰り返すには体力だけでなく運動神経も必要。このように、バーピーは室内で出来る自重運動の中でもとりわけ強度が高く、かつ運動神経も鍛えられる。

コメントを残す




CAPTCHA