デッドリフトの握り

デッドリフトは臀部、ハムストリング、背中(広背筋、脊柱起立筋)をまんべんなく鍛える種目である。足幅は肩幅から腰幅程度にすること。足幅を狭めるとハムストリングに入る。背中のみを鍛えたいのであれば、ハーフデッドリフトで十分である。デッドリフトの握りは、逆手(リバースグリップ)、順手(オーバーグリップ)または左右逆向きに握るオルタネイトグリップの3通りがある。オルタネイトグリップは、リストストラップを用いない場合で、左右の手を入れ替えることで、握力への負担を緩和することが目的。自分の場合は、常に逆手でリストストラップを使う。

コメントを残す




CAPTCHA