アクティブリカバリー

目的はあくまでも疲労回復にある。強度が高すぎるのは禁物。血流を活発にする運動であること。血流が活発になると疲労物質である乳酸を押し流すことができる。栄養供給も向上するので筋発達も期待できる。また、筋肉の弾性や柔軟性をを高める。いつも強度MAXで運動しなければならないと思わないことだ。