4方向から肩を鍛える

肩(三角筋)の筋トレは一種目で充分と思ってはいけない。肩はいろいろな方向から鍛えるべき部位である。負荷の与え方には、上から押す、上に引っ張る、下から押し上げる、下に引っ張る、の4通りがある。

上から押す: ショルダープレス、逆立ち
上に引っ張る: チンニング(懸垂)、ぶら下がり
下から押し上げる: Lシット
下に引っ張る: シュラッグ

自作 塩ビパイプ平行棒(Lシットの方法)

イトーヨーカドーのネットスーパー

平行棒でできる筋トレ

平行棒を利用することにより実施可能なメニューを紹介する。

腕立て伏せ
胸を降ろした時、胸の高さが平行棒より下に来るので、その分、大胸筋のストレッチが強くなる。ダンベルフライのような効果が期待出来る。

両腕でつっぱり体重を支え、足を床から浮かす
上腕三頭筋と三角筋のトレーニングになる。最終的にはLシットを目指す。

ディップス
平行棒を用いると手の位置で腰を降ろすことが出来る。

自作 塩ビパイプ平行棒

塩ビパイプを使って平行棒を自作。作製記録はこちら。これを使うことで自重でこれまでやったことのない種目が色々とで出来そう。トレーニング方法は以下が参考になる。

【自重の腹筋トレーニング】Lシットができるようになるコツと練習方法

体幹・腹筋・背中・肩を同時に鍛える自重トレメニュー【Lシットtoショルダースタンド】

塩ビパイプ加工の必需品、SK11パイプカッターPC-50で塩ビパイプ直径20㎜を切断

最短4時間でお届け! 【イトーヨーカドーのネットスーパー】